Q&A  ワイヤレス筋電センサ

 Q 充電はどのようにして行いますか?


 A  専用の”有線接続ドック”を用いて充電、および、PCとのUSB通信を行うことができます。
 ”有線接続ドック”は単体購入も可能です。
 

 Q 筋電センサはどのように取り付けられていますか?


 A  取り付け方法は、使用される実験環境によって異なります。
 弊社では筋電センサ取付用両面テープをご準備しておりますので、
 ご入用の際はお問い合わせください。
 

 Q リファレンスはどのようにして取りますか?


 A  手首/くるぶし/骨盤/膝/鎖骨/肘など皮膚直下に
 骨がある部分への取り付けが望ましいです。
 

 Q モーションセンサと併用することができますか?


 A  はい、可能です。
 運動計測+筋電計測/筋電計測/ひずみ計測等、
 ご希望に応じた構成を作ることが可能です。
 

 Q ワイヤレス筋電センサの乾式と湿式の違いは何ですか。


 A  乾式→取り付け手間が少ない、ディスポ電極を使用しないため、
 ランニングコストがかかりません。
 湿式→直接ディスポ電極をとりつけるので、大きな動作を測定するときに有用です。
 

 Q ワイヤレス筋電センサとワイヤレスEMGロガーの違いは?


 A  ワイヤレス筋電センサは、無線とロガー、筋電計測部が一体になっている製品です。
 一体型となっているので運動時の動作に干渉することがありません。
 ワイヤレスEMGロガーは、無線とロガー部のみの製品で、筋電センサを有線接続して使用します。
 一台のワイヤレスEMGロガーには、複数の筋電センサを接続することができます。
 

 Q ディスポ電極(50個/袋)、小型ディスポ電極(25個/袋)違いは何ですか。


 A  電極の大きさが違います。主に大→大人用、
 小→小児用となっていますが小で大人も測定可能です。
 

 Q 消費電力は?


 A  最大85mWです。
 

 Q 湿式と乾式は同じアクセサリパックで同時に並行計測可能でしょうか。


 A  可能です。その他小型9軸ワイヤレスモーションセンサ、
 ワイヤレス8chロガー等も同時計測可能です。
 

 Q IEMG値の測定は不可とのことですが、
  ソフトウェア上での計算は可能ですか。


 A  ローパスフィルタによる平滑化を行うことでIEMG値にすることが可能だと考えます。
 

 Q 連続計測時間は?


 A  100Hz計測時、約4時間です。