Q&A  ワイヤレスひずみゲージロガー

  最大4本ひずみゲージを接続することができ、最高1kHzでサンプリングした
データ無線送信およびロギングを行うことができるワイヤレスひずみゲージロガーです。
ご購入時にご使用予定のひずみゲージ(120Ω/350Ω/1000Ω)
にあわせて出荷致します。
(ひずみゲージはお客様の方でご用意して頂きます。)



 Q ゲージ率とは何ですか?


 A  歪みと歪みゲージの抵抗変化の定数です。
 歪みゲージ個々で製造時に誤差が生じますので、誤差が大きい場合、
 歪みオフセットや歪みアンプにて調整をお願いします。
 

 Q 歪み出力形式について教えてください。


 A  計測電圧(V)・・・計測された出力電圧、 歪み値・・・歪み値に換算したもの、
 出力電圧(mV)・・・計測電圧(V)を1000倍したもの
 歪み値の計算式については下問歪みの換算方法をご参照ください。
 

 Q 歪みの算出方法を教えてください。


 A   eo=E/4×Ks×εo
  eo(出力電圧)・・・計測電圧[V]
  E(ブリッジ電圧)・・・3.3V
  Ks(ゲージ率)・・・2.0
  εo(歪)
  上記計算でεo(歪)が算出できます。
  

 Q 選定可能なひずみゲージは何Ωのものですか?


 A  一般的な120Ω、350Ω、1000Ωはもちろん、
 大体の抵抗値で使用可能です。
 上記以外でもご相談いただければ回答いたします。
 抵抗値は購入前に選択していただく必要があります。
 

 Q 歪みゲージの接続はどのように行いますか?


 A  付属に半田付け可能なコネクタプラグがございますので、
 お客様の方で半田接続していただくことが可能です。
 なお、使用する歪みゲージ、配線、配線長などお決めいただければ、
 歪みゲージのカスタマイズ対応も可能です。
 

 Q ゼロ点がずれる、キャンセル機能はありますか。


 A  キャンセル機能ではなく、オフセット設定が出来ます。
 歪みアンプ設定タブを押すと、アンプとオフセット両方が
 設定されますので、両方の値に気を付けて下さい。
 LabVIEWアプリケーション、アプリケーション設定内、
 センサタブ、歪み内のところで設定可能です。